神戸あの店この商品

江戸時代から愛される神戸のお菓子「樽形煎餅」をご紹介

神戸あの店この商品では、兵庫・神戸のおススメ商品・サービス・店舗などをご紹介します。
第15回目は創業200年を超える神戸の老舗和菓子店、御菓子司 虎屋吉末の長年愛される商品「樽形煎餅」をご紹介します。
御菓子司 虎屋吉末は江戸時代に廻船問屋を経て、享和元年(1801年)に和菓子店を創業。銘菓「樽形煎餅」のはじまりは、廻船問屋の頃、灘の酒を江戸へ運ぶ際の手土産として、灘の銘酒を刻んだこも樽形の煎餅を、と当主が考案したのがきっかけだそうです。
登録商標として、数百年以上にわたり、老若男女問わず愛され続けている商品ですので、神戸土産に是非ご利用ください。

企業概要

御菓子司 虎屋吉末(神戸市東灘区)
樽形煎餅・虎屋吉末さんのお店の詳細はこちら

-神戸あの店この商品

© 2021 神戸商工TV